腰痛系のコラム記事一覧

のとき、人間は正しい姿勢となります。ただ、左右が平行になっているかどうか、自分ではなかなかわかりにくいのです。例えば、買い物をしたとき、右手に重い買物袋を持つと、どうしても右一届が下がった姿勢になります。「」ういうときは、荷物を2つに分けて持ち、左右同じぐらいの重さに調節します。そうすると、左右のバランスがとれます。また、OLによく見られるのは、ショルダーバツグを掛ける肩が下がっていることです。い...
主婦にとって家事は、前述したように、掃除、台所仕事と、けっこう無理な姿勢を強いられます。例えば、目線より高い所に洗濯物を干したり、押し入れの高い所の荷物を出し入れすることがあります。こういうときは、腰を伸ばすため体に負担がかかります。このような時は、台を使って目線と同じ高さにして、洗濯物を干したり、押し入れの物を出し入れすると、楽に作業が続けることができます。また、中腰、前かがみで靴下や靴をはくと...
腰痛は、それぞれの症状で対処の仕方が異なります。「ちょっと腰がだるいな」という程度では、あまり深刻に考えない人が多いようですが、そのまま放っておくと慢性的な腰痛に移行する可能性があります。そこで、そのときそのときで適切な処置が必要になります。ここでは、各種腰痛の対処療法を紹介しますが、最終的には医者の診断を仰ぐのが基本です。素人判断で誤った処置をすると、かえって腰痛を悪化させることにもなりかねませ...
断続的な強い痛み我慢できる痛み一度痛くなって、すぐ痛みがおさまっても、また痛くなるという腰痛は、鎮痛剤などで炎症を抑えるといいでしよヽ,。また、立っていられないほどの強い痛みが断続的に襲ってくる場合は、我慢せず鎮痛剤などで早めに炎症を抑えないと慢性化してしまう恐れがあります。解熱鎮痛消炎剤には、アスピリンやアセトアミノフェンなどの成分が含まれています。これらの成分は、腰痛にも効き目があります。ただ...
▼軽い痛み長時間のデスクワーク、ロングドライプをしたときなど、腰の筋肉が長時間緊張していたため、腰に痛みが出ることがあります。このようなだるい程度の軽い痛みのときは、皮膚を通して筋肉や関節などへ薬剤を浸透させる湿布で痛みを鎮めることができます。湿布には、冷やすタイプと温めるタイプがあります。気持ちいいと感じるなら、どちらでもかまいません。冷やすタイプは、長時間貼っていると効果がなくなるので、30分...