のとき、人間は正しい姿勢となります。ただ、左右が平行になっているかどうか、自分ではなかなかわかりにくいのです。例えば、買い物をしたとき、右手に重い買物袋を持つと、どうしても右一届が下がった姿勢になります。「」ういうときは、荷物を2つに分けて持ち、左右同じぐらいの重さに調節します。そうすると、左右のバランスがとれます。また、OLによく見られるのは、ショルダーバツグを掛ける肩が下がっていることです。いつも片側だけにヽバッグを掛けていると、知らず知らずに姿勢が悪くなってしまいます。できることなら、バッグはたすき掛けにするといいでしょうね。長時間同じ姿勢台所などで前かがみで立ちっばなしになると腰に負担がかかります。そこで、蛇口を手前に持ってきて、腰の角度を20度以内にしましょう。また、足元に低い台を持ってきて、片足を交互に乗せるのも効果があります。朝起きると腰が痛い人は、寝ている姿勢に問題があります。仰向けに寝て、腰の反りが強い人、背中に手を入れて隙間が大きい人は、足の下にクッションを置くといいでしょう。こうすると、腰がまっすぐになり、腰痛の原因になる腰の反りを防ぐことができます。うつ伏せに寝る人は、さらに注意が必要です。そこで、お腹の下にクッションを置くといいでしょう。こうすると、腰の反りはなくなり楽になります。このように寝るときの姿勢を見直すことは、腰痛予防の要になります。